花粉対策-具体的な使い方 

花粉対策hay fever (seasonal allergy)

ジアファインによる花粉対策事例

【具体的な使用方法です】

 

 

マスクの内側・外側にジアファインをこまめにスプレーします。
 くしゃみや鼻水、鼻づまりが緩和されます。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎目の痒みや不快感がある時は、ジアファインを浸したティッシュや綿棒で瞼やまつ毛の生え際などをなぞります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※花粉はまつ毛に付きやすいのでなるべくマスカラは付けないことをお勧めします。

 マスカラに付着した花粉は取り除きにくいです。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎衣類にスプレーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外出前にもスプレーをし、外出時には携帯用スプレーを持参して
こまめにスプレーします。
帰宅時は家に入る前に衣類や髪の毛など全身にスプレーをして極力花粉を家に持ち込まないようにします。
衣類に付着している花粉を払うことは絶対にやめましょう。
払ったことによって花粉を撒き散らし、

吸い込んだり家の中に持ち込んだりすることになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

◎顔の脂分に花粉が付着しますので、

 時々ティッシュにジアファインをスプレーして顔に優しく押し当てて取り除きます。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お化粧崩れの防止にも良いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎こまめに『ジアファインうがい』を日課にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コップに5~10倍希釈で薄めて使用。花粉除去や口臭予防にも有効です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎窓の開閉時カーテンに花粉は付着しやすいので、

 こまめにカーテンにスプレーします。

 同時に消臭も出来ます。

 

 

 窓の開閉時に花粉が付着しやすいため、こまめにスプレーします。
 カーテンの開閉により花粉を部屋中に撒き散らすことになりますので、

必ずスプレーして花粉を不活性化してから開閉しましょう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎拭き掃除をする際にジアファインを吹き付けながら行います。

テーブルや床など拭き掃除の時にスプレーします。

空拭きは花粉を空気中に撒き散らすことになりますので気を付けましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

◎エアコンのフィルターにも花粉や埃が付きやすいので、

 そのまま運転し続けますと花粉を部屋中にまき散らしているようなものです。

 フィルターを毎回外して掃除をするのは大変ですが、

 吹き出し口に向けて直接スプレーするだけでも、

 フィルターを通して出てくる花粉をある程度不活性化できます。

 同時にエアコンのカビ臭さもなくなります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◎布団や枕に直接スプレーします。外から持ち帰った花粉や浮遊菌が

 寝ている間に布団に落ちてきます。

起床する前にスプレーすると花粉が飛び散りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

車内にスプレーします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

車内には花粉が滞留しやすいので要注意です。
衣類などに付着した花粉やエアコン空調から外気が入って車内に入り込みます。
座席シートや床、空間、エアコンのフィルターにスプレーします。
また、ダッシュボードやハンドル、センターコンソール、パネル類等はスプレーして拭き取るか、

タオルにスプレーをして拭くなどして
こまめに花粉を拭き取りましょう。