【ジアファイン噴霧による急性吸入毒性試験結果のご報告】

空間噴霧試験結果

【ジアファイン噴霧による急性吸入毒性試験結果のご報告】

 

弊社ではこのたび、ジアファインを使用して空間噴霧をした際に吸い込んで肺に入った場合の毒性試験を実施致しました。

専門試験機関である「薬物安全試験センター」にてジアファインミスト実機を用いて実施。

結果は、急性吸入毒性は”認められなかった”となり、試験において安全性が確認出来ました。

今後も、お客様に安心してご使用いただける製品作りとサービス向上に専念して参る所存で ございます。

どうぞ引き続き「ジアファイン」をご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

【試験実施期間】

検査: 2020 年 08 月 20 日~2020 年 09 月 02 日

【試験機関】

薬物安全性試験センター

【試験内容】

緩衝法弱酸性次亜塩素酸 ジアファインのマウスにおける急性吸入毒性試験(全身暴露):山下法

【要約】

 200ppm原液を 2 倍に希釈したもの(100 ppm相当)を投与試料とした。

暴露は、委託者より提供された超音波噴霧器(ジアファインミスト)を用いて

 7 時間の連続暴露を 1 回行った。

暴露開始から暴露 14日後まで一般状態の観察を行い、その間に体重ならびに摂餌量を測定した。

その結果、死亡例はみられず、一般状態においても異常はみられなかった。

体重は、雌雄ともに概ね順調な増加推移を示した。

平均摂餌量は正常と考えられた。剖検および肺の病理組織学的検査においても、

被験物質暴露による影響と考えられる変化はみられなかった。

 

以上の結果より、本試験条件下において、本被験物質に急性吸入毒性は認められなかった。