RSウイルス

RSウイルス

RSウイルスとは?

●RSウイルス感染症の特徴 

RSウイルスのRSとは「Respiratory Syncytial(=呼吸器の合胞体)」の略です。 

ウイルス感染症の症状として、乾いた咳が見られます。

発熱、鼻水が数日続き、多くは軽症で済みます。

熱は、乳児の場合は38℃台が多く、39℃以上の高熱はむしろまれです。

症状としては、単なる風邪と思ってしまうことが多々あります。

生涯にわたって何度も感染し、幼児期に再感染がよく見られますが、

多くは軽症で済むため、RSウイルスだと気が付かないことが多々あります。

※7割が通常のかぜのような症状で済み、

 3割が「呼吸が浅くなる」「ゼーゼーする」「痰がつまる」「呼吸数が増える(1分間に60回)」「眠れない」

 などの症状が現れ、場合によっては細気管支炎・肺炎となります。

 さらには、生後1ヶ月未満児の場合、診断が困難な場合があり、突然死に繋がる無呼吸発作にも繋がります。 

 

 

●RSウイルス感染症の潜伏期間 

2~8日(主に4~6日) 

 

 

●RSウイルス感染症の感染経路 

飛沫感染、接触感染が主です。

麻疹や水痘、結核のような空気感染はありません。

 

 

●RSウイルス感染症のワクチン 

ワクチンはありません。

 

 

●RSウイルス感染症の感染期間 

ウイルス排泄期間は7~21日と長いため、感染が広がりやすいです。

 

 

●RSウイルス感染症の治療法 

特効薬はありません。対症療法が重要になります。

 

 

 

9月はRSウイルスの感染流行の時期です。

 

 

 

子供の病気

 

 

 

 

 

RSウイルス感染症の流行パターン

rsvirus16-4

(引用:国立感染症研究所 感染症発症動向調査 第38週より)

 

RSウイルス感染症は、秋~冬場に流行する感染症です。

通常ですと、秋から増加し12月頃にピークを迎え、年明けは徐々に減少し3月ころに落ち着く、という流行パターンを呈します。

ここ数年は早い時期からRSウイルスの検査が行われるようになり、8月・9月の時点で多くの感染が報告されています。  

 

 

 

 

 

RSウイルスの注意事項

●RSウイルスは乳児(1歳未満の赤ちゃん)が感染すると重症化する恐れがある

●2歳以上児や大人が感染しても風邪のような軽症でRSウイルスと気が付かずに乳児にうつしてしまうことがあるので、

 乳児だけではなく保育園の年中以上児や大人も感染には気を付けなければいけない 

赤ちゃんの感染に注意するだけでなく、親兄弟などの家族も注意する必要があります。  

 

つまり… 

感染しない様に環境を整えるのが大切です。  

 

そのためには… 

「ジアファイン」が活躍します。  

 

弱酸性次亜塩素酸 Jia Fine ジア ファイン スプレーボトル フレアソルスプレージアファイン 200ppm/500mlジアファイン 200ppm/4L  ジアファイン 200ppm/10L   

 

 

 

 

 

 

具体的対策

●RSウイルスは 

飛沫感染と接触感染が感染経路であるため、

マスクの着用や手洗い・うがいの徹底が重要となります。

また、日常的に手に触れるおもちゃやドアノブ、手すりなどはこまめに除菌を行いましょう。 

 

「ジアファイン」でこまめにスプレーしましょう。  

 

弱酸性次亜塩素酸 Jia Fine ジア ファイン スプレーボトル

 

 

 

 

 

 

 

 

RSウイルスの対策資料

厚生労働省HP

 

保育所における消毒の種類と使い方

 

保育所における感染症対策ガイドライン

 

感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き

 

RSウイルス感染症Q&A(平成26年12月26日) 

 

 

 

 

 

東京都福祉保健局

 

 

                         

   

 

 

 

 

 

病院 ・介護施設/院内・施設内の感染対策

リネン類、衣類、エプロンなどの除菌消臭【使用方法】使用濃度200ppm

シーツ、ベット、枕、カーテン、衣類などに直接スプレーし自然乾燥させてください。

リネン類、衣類、エプロンなどの除菌消臭
インフルエンザ、ノロウィルス対策【使用方法】使用濃度 予防時200ppm/保菌者有りまたは流行時500ppm

ドアノブ、トイレなど共有する箇所にこまめにスプレーしてください。

インフルエンザ、ノロウィルス対策
嘔吐物処理時の除菌消臭【使用方法】使用濃度500ppm

二次感染予防のため、手袋 ・マスクを着用ください。嘔吐物に新聞紙をかぶせ、その上からまんべんなくたっぷりとスプレーをします。2~3分後、ペーパーで拭き取りビニール袋に入れます。袋の口を閉じる前に再度スプレーをしてください。

嘔吐物処理時の除菌消臭
車内(送迎車など)の除菌消臭【使用方法】使用濃度 予防時200ppm

座席シート、ドアノブ、手すり、マットなどに直接スプレーし自然乾燥もしくはペーパーなどで拭き取ってください。

車内(送迎車など)の除菌消臭
スリッパ、バスマット、靴箱などの除菌消臭【使用方法】使用濃度 200ppm

共有でご使用になるスリッパやマット類は、水虫の原因である白癬菌の繁殖の心配があります。こまめにスプレーして移らないように予防してください。 また、靴や靴箱にこもるニオイは雑菌などが原因です。靴の中や靴箱の中にスプレーしてください。

スリッパ、バスマット、靴箱などの除菌消臭
トイレの除菌消臭【使用方法】使用濃度 200ppm

排泄物は、肉眼では見えにくいですが、広範囲で飛び散り床や壁に付着し雑菌やカビの原因となりがちです。便座はもちろんのこと、床や壁、空間にスプレーしてください。特に、トイレの掃除ブラシは菌が繁殖しやすので、ご使用後はたっぷりとスプレーしてから保管ください。

トイレの除菌消臭

幼稚園・保育園・学校での除菌消臭

専用噴霧器で空間除菌消臭【使用方法】環境に合わせて水道水で希釈します。

抵抗力の弱い幼児や子どもたちは病気にかかりやすく、ウイルスや細菌感染の危険に常にさらされています。専用噴霧器で空中に浮遊する菌やウイルス、花粉、悪臭などを撃退。快適な環境に改善します。

専用噴霧器で空間除菌消臭
インフルエンザ、ノロウィルス対策【使用方法】使用濃度 予防時200ppm/保菌者有りまたは流行時500ppm

園内や学校内のドアノブ、トイレなど共有する箇所にこまめにスプレーしてください。保菌者がいるときや流行時期、嘔吐物の処理には500ppmジアファインPREMIUMがお薦めです。200ppmの2.5倍の速さで効果を発揮。二次感染を迅速に予防します。

インフルエンザ、ノロウィルス対策
園内のおもちゃや学校教材の除菌消臭【使用方法】使用濃度200ppm

毎日洗えないぬいぐるみや玩具類にスプレーしてください。除菌消臭後、水に戻る性質のため残留物がなく幼児や赤ちゃんも安心してご使用になれます。

園内のおもちゃや学校教材の除菌消臭
寝具の除菌消臭、おねしょの処理【使用方法】使用濃度200ppm

布団や枕などは寝汗がニオイの原因となります。また、ダニも繁殖しやすいため1年を通してケアが必要です。ジアファインはダニのアレルゲン物質や、ダニが餌とするフケやホコリなどのタンパク質を分解します。安全環境を作るためにも毎日スプレーしてください。おねしょのあとにたっぷりスプレーしてから干してください。除菌と消臭が同時にできます。

寝具の除菌消臭、おねしょの処理

レストラン・ホテル/食中毒対策や衛生管理対策の除菌消臭

調理器具や野菜などの除菌【使用方法】使用濃度200ppm

包丁、まな板、スポンジ、生ごみなどの細菌の繁殖しやすい箇所にスプレーします。アルコールと違い、水分が含まれていても除菌消臭力は低下しません。

調理器具や野菜などの除菌
客室、店内の消臭対策【使用方法】使用濃度 200ppm /強烈なニオイの場合は500ppm

タバコ臭、体臭など臭いが気になるところへスプレーします。ニオイの原因物質を不活性化させるためニオイ戻りもありません。

客室、店内の消臭対策
専用噴霧器で空間除菌消臭【使用方法】環境に合わせて水道水で希釈します。

タバコ臭や生活臭など気になる環境や花粉やウィルス対策にご使用ください。

専用噴霧器で空間除菌消臭
その他、あらゆる分野でもご使用いただいております。
  • 保育園
  • 学校
  • 整体院
  • クリニック
  • スポーツジム